先輩ママの子育て美容体験談

子育て美容といっても千差万別。

 

とても多くの方法がありますよね。

 

どれが自分に合っているのかなぁ?

 

不安なので安易な子育て美容には手が出せないまま。。。

 

最近、老けた?

 

なんて言われてしまう。

 

 

そうなる前に他人のふり見て我がふり直しましょう!

 

子育てストレスで白髪発見!でも、工夫して旦那に綺麗になったねって言わせました♪


27歳、パート勤務です。
子供が生まれて3年経ちました。子供がいなかった頃はこだわっていたスキンケアやボディの美容など、正直、子供がいると後回しになってしまい、ふと気づけば私の心身は老けておばさん状態に。。

 

ショックだったのは、子育てのストレスからか、生まれて初めて自分の髪に白髪を見つけたことでした。若白髪の一本もなかった自分の頭に。

 

これじゃあいかんと、まず2カ月に一度は美容院へ行くことにしました。半年以上伸ばしていたひっつめ髪を、サッパリショートにし、美容院でトリートメントをしてもらったら、不思議と気分まで明るく!

 

そこではずみのついた私。このボロボロ肌も生き返らせよう!と決意。

 

ずっと薬局で安い洗顔料を買っていたけれど、数年ぶりに、通販でお気に入りスキンケアブランドのものを購入。エルシーラブコスメティックというサイトで販売している洗顔料・しろつやびじん。

 

もっちもちの泡があっという間に立つので、子供との慌ただしいバスタイムでもパパッと洗顔できるのが嬉しい。香りも良くて、つかの間のリラックスタイムにもなる。

 

そしてお風呂上がりの化粧水は、チマチマケチケチと使うのをやめ、バシャバシャ!たっぷり使ってあげる‥が、ハンドプレスで染み込ませるような時間もない。

 

そこで、ベッドで横になった寝る前の5分ほど、コットンに染み込ませた化粧水でパックをすることにした。

 

これなら、子供の横で出来るし、とっても簡単。たまにそのまま寝てしまい、朝、布団からコットンが出てくることもしょっちゅうあるけれど、、。お金もかからなくて、効果も抜群。

 

そんなことを日々していたら、旦那が言った。

 

「綺麗になったね♪」

 

嬉しくて嬉しくて、綺麗なママ&妻でいよう!と改めて決意できました。

 

新陳代謝を意識した子育て美容法です。


年齢は28歳で、専業主婦です。
子育て中の美容で1番気をつけていることはUVケアです。2歳と0歳のママで、毎日、公園にいきます。帽子ももちろんかぶりますが日頃のUVケアはとても大切です。友人は忙しくてUVケアを怠ったら、かなりシミがふえてしまい残念がっていました。妊娠してシミができやすくなるからこそ、UVケアをしてシミができにくくする努力をすることをおすすめします。子育て中はメイクもする暇がないと思いますが、ファンデーションとUVケアが一緒になった一本のケアアイテムで十分いいのでまず肌を紫外線から守ってあげてください。
お風呂の時にクレンジングと洗顔をきちんとして、化粧水、乳液をつけてねるだけでも日頃からつづけてやっていけばきれいな肌が保てます。
あとは、ご褒美に週一でパックしたりするといいと思います。
私は新陳代謝をよくするために、足湯も始めました。お子さんが寝た後10分足湯をするだけで心も身体もかなりリフレッシュできておすすめです。あとは頭皮マッサージをシャンプーのときにしたり、時間があれば美容院でベッドスパをするのもおすすめです。髪の毛も産後は抜け毛がたくさんあると思います。洗いなさいトリートメントと洗いながすトリートメントをうまく使い分けて自分でケアしていくといいと思います。
太りにくい身体にするためにも、骨盤ケアも大切だと思います。私は病院でトコちゃんベルトを買ってつかっていますが、体重がキープできています。子育てで忙しいと思いますが、キラキラ輝くママを目指していきましょう。

 

子供と散歩するだけで、、、


41歳、専業主婦です。4人の子供がいます。12歳、8歳、6歳、2歳です。自分自身に時間やお金をかける余裕はありません。手軽にできる子育て美容を行っています。
子供と散歩に行くことです。一人では、なかなか歩く気にはなりません。子供を誘うことで、自分の行きたい時間に歩くことができます。ストレス解消になります。外の空気を吸うと、気持ちよくなり体が元気になっていき、熟睡できるようになりました。
飲み物にも気を付けています。ご飯の時間以外にも、家事の合間に緑茶を少しずつ飲んでいます。緑茶は体の中をきれいにしてくれます。毎日飲むようになってから、ニキビができにくくなってきました。顔のデコボコも減ってきました。ファンデーションがうまく塗れるようになり、うれしいです。甘いコーヒーよりも緑茶がおいしく感じるので、無理なく体重を維持することができています。
子育て美容での失敗は、牛乳の摂取を1年間少量にしていたことです。体重は減りましたが、健康診断で骨密度が低く、カルシウムの不足を指摘されてしまいました。牛乳を摂取すると、乳がんになりやすいと聞いたので控えていました。最近は、牛乳の量を増やし、小魚を食べるように心がけています。美容には小魚が必要です。更年期障害に備えて、今から骨にカルシウムを蓄えておかなくてはなりません。カルシウムを効率よく摂取できるのは、牛乳よりも小魚の方だからです。イリコをつまみながら、食事の準備をしています。

 

時間が勝負の子育て美容でした。


31歳。専業主婦です。
子育て中は、それこそ時間が勝負なのでいかに短時間で済ませるかが最大の課題でした。
出産前までは化粧水、乳液、美容クリーム、パックなんてしていましたが、そんな時間は全くありません。しかし、乾燥は美容の大敵と雑誌で見てから、とにかくお風呂上がりはしっかり保湿しようと決めました。そのために、お風呂上がりのスキンケアはオールインワンのものに変えました。値段は独身の頃の10分の1ほどのプチぷらでしたが、とにかくけちらず、風呂上がりにはすぐにたっぷりとオールインワンのクリームを肌に練り込んでいきました。
また、子どもが1歳を過ぎてから時間にすこしよゆうができたため、パックなどをやりはじめたのですが、パックをしている私を見て子供が泣いてしまい、何度パックをダメにしたか分かりません。
また、パックを使うと手がべたついてしまい、いざ子供をだっこしようと思うと一度てを洗って、となってしまうためパックもほとんどできませんでした。
独身時代にしていた美容方法は、子供のペースに巻き込まれてしまいほとんど実践できませんでした。そのため、とにかく子どもが寝ているときは自分の横になり睡眠を十分にとることを心がけました。やはり、しっかりと睡眠をとることで、肌のはりも変わってきます。睡眠は大切だと実感しました。
また、妊娠、出産後はとにかく髪の毛がきしんで大変でした。産後の抜け毛もすごいため、美容師さんに相談したところ、ドライヤー前にヘアオイルを髪にもみこむだけで大分違う。あとは、日にち薬だと言われました。髪のぱさつき等が気になる人は、バッサリ切ってしまうのも手かもしれません。

 

食事をおろそかにして子育て美容失敗


18歳専業主婦です。
つい最近まで高校生でした。
妊娠前はまだ若々しい肌と無駄なお肉もなくそこまで増えることもないだろうと思っていた体重も今では妊娠前には想像もつかない変わり果てた私です。
ミルクを飲ませている時に顔を見ながら飲ませていると、顎にお肉が寄ってしまったり姿勢が悪くなってしまうのでミルクを飲ませながら下を向いていても思い切り上を向いて、首を思いっきり伸ばします。
約3時間ごとの授乳、育児をしていてほとんど中腰でとことん体も痛くなりました。
なので子供を寝かしつた後はどんなに疲れていても顔や体のリンパをほぐし、温かいお湯につけたホットタオルで顔を蒸し、毛穴が全開になったところで化粧水などを塗っています。
そして私が失敗してしまったのは、子育てで忙しく夫ともなかなか時間が合わないため、1人ですべてをこなしていたのでまったく食事をとらなかったことです。
栄養も偏ってしまい、どれだけパックやマッサージをしていても不規則な生活習慣に加え、きちんとした食事をとらなければまったく意味がありませんでした。
それを学び、できるだけ簡単にでも食事をとり、お風呂は早く上がってしまうので寝るときは体を暖め、できるだけ冷やさないようにし、なるべく三食バランスのいい食事を心がけています。
抱っこをしたり、育児においては姿勢がどうしても悪くなってしまうので姿勢が悪くならないよう意識していたら、姿勢が悪くなると背筋をのばし、できる範囲で現在は元に戻ってきています。

 

 

妊娠中の散歩でシミ・そばかすに。。。


33歳。専業主婦です。
妊娠、出産の為退職して1年半になります。子供中心の生活になって自分にかける時間はとても短くなりました。
そんな生活の中でも私が意識している子育て美容法は日焼け止めと保湿です。
妊娠中は特に紫外線を多く吸収するそうで短時間だからと油断して日焼け止めを塗らずに散歩したりしていました。
数ヶ月すると一気にシミやソバカスが出てきて鏡を見るたび後悔しました。なのでそれ以降はどんな天気の日も日焼け止めは塗るようにしています。
これからの時期は外で子供と過ごすことも多くなるので、なるべく余計なものが入っていない物を選んで子供と一緒に使うようにしています。
あまり肌に負担がかからないものを選ぶと今度は焼けてしまうのではと気になるので、こまめに塗り直しています。
そしてうっかり焼いてしまった日はいつもよりしっかり化粧水や美容液等で保湿していました。
妊娠中は焼けやすいけどその分取り返しやすいと聞いたので美白成分入りの化粧品を選んでいます。
子供と湯船に浸かりながら短時間のバックをして出るときに全身に伸ばすと体まで保湿できます。
あとは身体の中からキレイになるよう意識して食べ物を摂る様にしています。
ヨーグルトやフルーツ、ナッツ類などを意識して食べています。
これが美容に直接関係しているかは分かりませんが免疫力を高めるそうなので結果的には健康で楽しくすごせる源にはなっています。
うちのママはキレイだよと自慢されるようなお母さんになりたいのでこれからも頑張ります。

 

 

子育て美容は短時間が基本でした!


24歳・専業主婦
私の子育て中の美容方法は、まず時間をかけないことが大前提ですので、できるだけ短時間で出来ることをします。なので、まずはサプリメントを飲むことです。サプリメントは時間も手間もかかりませんのですごくオススメの美容方法になっています。私が飲んでいるサプリメントは、プラセンタです。プラセンタは、とにかく代謝をあげてくれますし、お肌の調子も良くしてくれますので、ずっと飲み続けたいと思っているサプリメントの一つです。プラセンタを飲むことによって、まず便秘が改善されたのが一番大きかったです。もともと便秘がちだったのですが、出産してさらに便秘に悩まされるようになりました。なのでこの便秘をどうにか治したいなと思っていました。そしてプラセンタを飲むことになりまして、徐々に便秘が治っていきましたのでこのサプリメントを飲み始めて良かったなと思いました。また、サプリメント以外にも行っている子育て美容方法があります。それは、ヨガをすることです。わたしは妊娠中にヨガ教室にかよっていたのですが、妊娠を機に通えなくなりましたので、しばらく自宅で行おうと思いました。そしてヨガを自宅で始めるようになってから毎日行いますので、とても体が柔らかくなり、痩せやすい体に変わりました。ヨガは子どもが居てもできるので、時間はとられますが、子どももわたしがしているのを見ていると真似をしたりしてきますので、楽しくワイワイとすることができます。

 

子育て中は髪がパサパサに。。。


32歳、専業主婦です。
出産してから、毎日子育てに追われ、美容に関して無頓着になりがちでした。
お風呂上りの化粧水は、パパッと済ませていました。つけない日もあるくらいでした。真冬になると乾燥しがちでしたが、あまり乾燥が気にならなくなっていました。たぶん、毎日化粧もせずに毎日すっぴんだったからだと思います。化粧をしないことで、メイク落としを使うことがなく、洗顔だけで済ませていたからです。毎年真冬は、乾燥を治すクリームが必要でしたが使う必要がありませんでした。私自身、化粧をしないと出掛けられない、すっぴんで外に出られないわけではないので、結果的に良かったと思います。
子どもとお風呂に入るとき、自分の体や頭、髪の毛を洗うときは素早く行います。独身時代のように、半身浴をする、ゆっくりトリートメントなんて出来ませんでした。その為、髪の毛はパサパサになってしまいました。子どもが生まれてから、髪の毛のカラーリングはやめました。カラーリングをしていた頃よりはあまりパサパサ感は感じられませんでした。カラーリングによって髪の毛にどれだけ負担がかかっているのかよく分かりました。たまにカラーリングしたいなと思いますが、なかなか時間もとれず、伸びても頻繁にカラーリングに行けないと思うと、我慢するしかないと思っています。
ボディーケアは全然していなかったため、膝やかかと、腕などは乾燥していました。子どもが寝たあとに保湿をしていました。それでも保湿が足らず、乾燥気味でした。子どもが少し大きくなった今は、子どもがクリームを塗るお手伝いをしてくれます。

 

 

子育て中はお金をかけた美容はできません。でも、独身時代より、、、


35歳の子育て世帯で第一子の妊娠をきっかけに専業主婦になりました。
現在は5歳の長女と3歳の長男を育てています。
長女の通う幼稚園は手作りのお弁当持参がルールなため、市販の惣菜を入れるのは禁止されているので毎日気が抜けません。
更に数年後に開始される小学校からの英語教育に合わせ、長女を英会話スクールに通わせたりと日々忙しく独身時代のような時間とお金をかけた美容法ができず、いかに短時間でお金をかけずに美容ケアするかがカギになります。
そこで私はスキンケアは洗い流せるパックとオールインワンの美容液、ヘアケアには洗い流さなくて良いトリートメントで工夫しています。
まずは朝、意外と自由にスキンケアをできるのが子供も夫も眠っている朝です。
洗顔後に化粧水や乳液で肌を整えたあと洗い流せるパックを塗りその状態で朝食とお弁当を作ります。
子供が起きてくる頃にパックを洗い流し子供に日焼け止めクリームを塗る時に一緒に自分も塗ります。
この日焼け止めクリームは子供と併用できてクレンジングを使わなくても石鹸洗顔で落とせる日焼け止めを選びます。
そうすることで夜にクレンジングにかかる費用と時間を節約します。
夜は子供達と一緒に入浴、子供はシャンプーやリンスをいやがるのでリンスインシャンプーを選びます。
入浴後は自分のスキンケアよりも子供達に風邪をひかさないことが優先なのでオールインワンの美容液を洗顔後の肌に塗るだけです。
そして子供を寝かせてから洗い流さなくてよいトリートメントでヘアケアします。
リンスインシャンプーにトリートメントをプラスすることになるので高価なヘアケア商品を使っていた独身時代よりも髪の質が良くなりました。

子育ての忙しさに甘えて美容の手を抜くわけではなく、時間とお金をかけるわけでもなく、子供と楽しみながら子育て美容ケアすることが大事だと思います。

 

 

10分で外出メイクやスキンケアができるようになりました(笑


32歳 主婦

 

今、まさに子育て中です。4歳と2歳の子供がいます。近くに頼れる家族もいないので、毎日の大半は子供のための時間に費やしています。

 

20代前半までは、自分の支度に1時間は要し、スキンケアからメイク、ヘアスタイリングまでしっかりしていました。そんな女子でしたが、今はというと。。。家事、家族の支度の補助、そして自分の支度となるので、自分のために10分ほどもあれば支度ができるようになりました。笑

 

子育て美容の失敗は出産後、ぼろぼろになった肌にと、母から高級パックを色々いただきましたが、子育てに忙しすぎて、パックをする時間がない。せっかくだから、使いなくてはと思いつつも、そこまでの余裕ができず、使ったのは片手で数えるほど。あと、時短になるからと、下地にメイク落としが入っているものを試したのですが、たっぷりめに使っていても、落ちている感じがせず、結局いつものメイク落としをつかっていました。なので、こちらも個人的には、失敗でしたね。

 

成功とまではいえないかもしれせんが、夜はスキンケアをする時間が少し取れるので、メイク落としからアイクリーム、保湿クリームまで一通りします。朝は、忙しいので、洗顔後、その代わりにアトピー肌でも使えるクリームをさっと塗っておしまいです。ですが、低刺激の成果、思っていた以上に肌質は保たれています。
また、子供が小さいので、食育もかねて、子供とお菓子を作ったり、野菜スティックをおやつにしたりと独身時よりも健康な食生活を心がけています。そのせいか、腸の調子もよく、吹き出物もだいぶ減った気がします。

更新履歴